FC2ブログ
私がmixiに書き込んだ日記の中から、内容を修正加筆し、皆様にお役に立てるような記事を書き綴っていきます。 <主なテーマ> 人生論、お金について、成功について、仕事とは何か?幸せとは何か?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の職業
私の職業は何か?

普通に答えればITエンジニアとか、プロジェクト・マネージャとかになるでしょう。

職業の定義をgooの国語辞典で調べると「生計を維持するために日常している仕事。生業。職。」と書いてあります。たしかに会社に行ってる時間はITエンジニアとか、プロジェクト・マネージャかもしれませんが、私はそれだけにとらわれたくありません。

ということで、考えてみたわけです。私の職業は何か?と。

答えを先に書いてしまうと

アーティスト(芸術家)

です。

どこが?と思うかもしれませんが、いちおう説明はできます。

趣味とはいえ音楽をやっているので普段から「芸術とは何か?」を考えます。個人のレベルでは自己表現だったり、合奏になるとみんなで1つの作品の創造していきます。

これは仕事でも同じです。そこに自分なりの"美学"みたいなものがあれば、仕事にすら芸術性が生まれると私は思ったわけです。

いくつか例を挙げると

・プログラミングのソースコードは見た目も重要。変数名、インデント、コメントの付け方など、見た目が美しいプログラミングを行う。(ソースコード=作品)

・Eメールを送るにしても一字一句表現に気を配る。Eメールであってもその人の心の状態や気持ちが送られるからである。(Eメール=作品)

・仕事においても感動を与えられるようにすべきだと思う。(仕事=芸術)

・プロジェクトをマネジメントするにあたって、誰かを攻撃したり陰口を言ったりしない。たとえ見た目がうまくいったとしても悪意を持って仕事をして感動が生まれるはずがない。(=舞台芸術のごとく仕事をする)


また、メールマガジンやブログ、mixi日記で文章を書いてますが、「文章はまさに私そのものを表す自己表現」なわけです。もっと言えば、「寝てる時間以外は全て仕事」と言ってもよいくらい、全ての対象が自己表現=アートになりうるのです。

もちろん独りよがりではだめで、お客さま・他人から見てその作品がどうなのか?という視点も大切ですが、こうして「アーティストとして作品を創っている」というと毎日が楽しくなってくる気がしてきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
注目!
ITエンジニアメール相談サービス開始!ただいまプレオープン期間につき無料相談してます!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
スポンサーサイト
天職について②
「やりたいことはこれ!これが好きなんです!」というものが天職になっていくんだと思う・・・
天職について①でこう書きました。

では「私は今の仕事が好きか?」と問われると「好きなところもあるが、不満足」というのが正直なところです。

「不満足」というのは私の捉え方次第で外部環境のせいではない、と頭では分かってます。しかし私は何かを変えたい!変わりたい!と思っていた。

「天職について①」でも書いた通り私は今月末で今の会社を退職します。退職を考えた始めたのはもう2,3年前になります。考え始めた当初は「もっと向いている職があるのでは?」というのが理由だったような気がします。(正確に覚えてない)

そうしたくすぶった想いから天職について考えを巡らせ、システム・エンジニアとは違う職種になろうと転職活動をした時期もありました。

しかし時間が経つにつれ「もっと向いている職」という想いから「職ではなくやりたい仕事内容」について考えるようになり、結局のところ年明け2007年から勤める新しい会社では同職種のシステム・エンジニアとして働きます。

「なんだ、それって何も変わらないんじゃない?」と思われるかもしれません。確かにそう見えても仕方ないですが、転職活動をするに当たっては「今と高いレベルの仕事ができる」というのが条件でした。

「高いレベル」というのは、私の「心の持ちよう」「仕事に対する熱の入れよう」、つまり"私次第"で変わってくるということも分かってます。しかし今の会社ではどうしても私の夢・目標は達成できないかな・・という限界を感じたのです。

理想の天職像から見れば私の行動は矛盾している点があります。まだ天職に辿り着く途中でもがいている、という状況と言えますかね・・

さて、結論のない長々と分かりづらい文章を書いてしまいました。まぁ「これが答えだ!」という回答を出すのは難しい話題ですが。実は今までの話に加えて「転職はするものの一生システム・エンジニアを続けるつもりはない」という思いもあるのです。

その辺はまたの機会に書きます。

20061219

☆ホームページ:音楽と本の世界
 http://homepage3.nifty.com/musicandbook/index.html

☆メールマガジン:1日1曲!名曲紹介! 
 http://archive.mag2.com/0000255486/index.html

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

天職について①
自分にとっての天職って何だろう?自分に向いてる仕事ってなんだろう?と考えたことがある人は多いと思います。

学生時代の自己分析に始まり、社会人になって仕事始めて数年後、いまいち満足できずまた天職について考える。。。私もその一人です(^^;)

私の場合は2年目からずっと天職について考えてきました。答えを求めるために多くの本を読みましたが、本にずばり答えが書いてはないです。

でも私は「なんとなくこういうことかな?」ということを感じています。それは、

●天職は探して見つかるものではない。自ら作り出すもの。

自分の本当にやりたいことを探してあーでもない、こーでもないと単に"転職"を繰り返していても天職は見つからないと思います。

そうではなく「やりたいことはこれ!これが好きなんです!」というものが天職になっていくんだと思います。

「今の仕事は好きじゃない。でも家族を養ってかなきゃいけないからやらざる得ないんだよ・・」という人もいるでしょう。

が、言い訳言ってたら何もできません。これはマイナスのパワーです。マイナスのパワーを発する人は幸せになれないと思います。

やり方は色々あるし要は「自分の受け取り方次第」。環境のせいではありません。

「好きだと思ってやってみたけどやっぱ違ったみたい・・」というのも筋違いです。外部環境のせいにすのではなく「自分でいかに好きにしていくか?好きな方向に持っていくか?」です。

…続く

20061211

☆ホームページ:音楽と本の世界
 http://homepage3.nifty.com/musicandbook/index.html

☆メールマガジン:1日1曲!名曲紹介! 
 http://archive.mag2.com/0000255486/index.html

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。