私がmixiに書き込んだ日記の中から、内容を修正加筆し、皆様にお役に立てるような記事を書き綴っていきます。 <主なテーマ> 人生論、お金について、成功について、仕事とは何か?幸せとは何か?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歳を取るということ
私の20代を一言で表すと「山あり谷あり」といった感じでしょうか。安定しているということがほとんどなく、変化に富んだ10年間だったと思います。大学生、エレキバンド、社会人デビュー、ギター専門学校・・色々ありました。

このくらいの歳になると誕生日を喜ぶという人はあまりいないのでしょうか。私の周りを見てると「歳を取る=嫌だなぁ」という人が多いように思えます。

「いつまでも若々しくいたい」この感情は分かります。私だっていつでもエネルギッシュに活動していたいです。「でも歳を取るから若々しくいられない」というのはちょっと違うと思います。人間いくら歳を取っても若々しくいられます。

私の尊敬する人に日野原重明という人がいます。90歳を過ぎた今も現役の医者として活躍している方です。講演会、執筆もこなし週に何回かは徹夜もするほど多忙に過ごされてます。

確かに肉体的な機能は衰えてしまうでしょう。しかし精神的・内面的に日野原氏が歳を取っていると思えるでしょうか?私は「若々しくエネルギッシュ」であると感じてます。

またギター専門学校仲間の元大学教授であるM氏は、60歳過ぎからマラソンを始め72歳で100回完走。70歳でクラシックギターを始め2年で専門学校を卒業という偉業を遂げています。このエネルギーはすごいです。

つまり、歳を取るというのは「精神的に老いる」ということじゃないでしょうか。日野原氏やM氏に限らずお年寄りで元気な方はたくさんいます。逆にまだ中年という段階ですっかり老け込んでる人もいます。この差は生きがいを見出し、精神的に充実しているかにかかってます。

若い人でも年齢という数字にこだわって「また歳を取った。やだなぁ。」と言う人がいますが、数字ではなく精神的・内面的なところに目を向けてみるといいと思います。

精神的・内面的に若ければ、見た目も若々しく見えてくるんです。「また歳を取った」という否定的な見方をしているとホントに老けてしまいます。

また、私は「歳を取る」という言い方ではなく「歳を重ねる」という言い方がいいと思ってます。漆器のように漆を塗り重ねると味わいがでてきます。年輪が重れば重なるほど存在感のある木になります。人生も色んな経験が積み重なるほど豊かなものになっていきます。

私はたくさんの人に良い影響を与えたい、幸せを与えたいと願ってますが、歳を重ねた年長者である方が存在感があって説得力も増すんじゃないかと思ってます。

「歳を取る」ということに辟易している方、どうでしょう。次の誕生日を迎えるときは「歳を重ねて私はまた1つ豊かになった」とか「精神的・内面的に若々しくエネルギッシュでいるために今年は何をしよう」と考えてみてはいかかでしょうか?

☆ホームページ:音楽と本の世界
 http://homepage3.nifty.com/musicandbook/index.html

☆メールマガジン:1日1曲!名曲紹介! 
 http://archive.mag2.com/0000255486/index.html

 http://www.melma.com/backnumber_172547/
スポンサーサイト

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

人生最大の課題①
ステージに上がって人前で演奏すると、何度やっても緊張してしまうのはなぜなんでしょうねぇ。これが私の「人生最大の課題①」です(^^;)

●合奏は全く緊張しない、弾いてて楽しい
●重奏は緊張はしないが、多少身体と表情が固くなる、力む
●独奏は手が震えて弾けない、頭は真っ白になる

ギターはおそらく今後も一生続けていくものです。やっぱ独奏のレパートリーを揃えて人前で演奏したい!というのが夢なんですけどねぇ。

クラシックギター始めて早5年半ほど経ちますが、どれだけ研鑽・経験を積めばできるようになるのやら。(その内約2年は右腕壊して弾いてないですけど・・)

20061218

☆ホームページ:音楽と本の世界
 http://homepage3.nifty.com/musicandbook/index.html

☆メールマガジン:1日1曲!名曲紹介! 
 http://archive.mag2.com/0000255486/index.html

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。