FC2ブログ
私がmixiに書き込んだ日記の中から、内容を修正加筆し、皆様にお役に立てるような記事を書き綴っていきます。 <主なテーマ> 人生論、お金について、成功について、仕事とは何か?幸せとは何か?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
想像力の豊かさ
2007年1月より、某大手システム会社の請負で、営業支援及びインフラ構築の上流工程(プロジェクトマネジメント)に携わることになりました。

今までやってきた経験と全然違うことをやることになるので、私もどんな内容かよく分かりません。。。

お客さまとの面談でも「技術知識はあまり要らない。とにかくマネジメント能力を求めている。」ということでした。営業と一緒に客先に行き、要件をまとめ、実作業するチームに渡せるような体裁に落とし込み、スケジュールを管理する・・こんなイメージをしてます。

メンバーが2,3人の小さなチームのリーダーはやりましたが、今度は多分もっと大きな規模で関連部署も多いと思います。

ということで「元々上流工程志望だしスキルアップには絶好の機会だが、いきなりできるかかなり心配・・」というのが本音です。

さて、ここまで書いて自分自身を冷静に眺めてみると「起こってもいないことを心配している」ことに気づきます。

人間の想像力はすばらしいです。想像力があるからこそ文明が栄え、科学が進歩し、発明が生まれたのです。

ところが同じ想像力でも「心配」することは何のプラスも生み出しません。

私の心配は私の頭の中だけで起こっている妄想・虚像です。何のプラスも生み出さないどころか、心配し恐れていたことが現実となってしまうことも多々あります。

これは遥か昔に「恐れていたことが起こった。危惧していたことが襲いかかった。」と旧約聖書ヨブ記第3章にも書いてあることです。

不安になってはいけないと頭では分かっていても瞬時に不安を無くすことは今の私にはできません。かといってこの状態のままでいることはよくありません。

だからこの日記を書きながら「私はこの不安と戦う!」ということをまず決意します。そして次に何の不安もなくバリバリ仕事をこなす自分を想像し「プラスの想像力」に転換するのです。

心配感に襲われそうになったらプラスの想像力に切り替える。これを反復練習している内に今の状態とは変わってくる、プラスの想像力の状態が当たり前になってくる、と信じて実行します。

ここまで書いて、これは私のやってる楽器でも同じようなもんだということにも気づきました。練習ではできるのにコンサート本番で緊張してうまく弾けない、という経験があるのですが、どれだけイメージトレーニングを事前に行っておくかというのがポイントになります。

練習する際に聴衆を前にコンサート会場で弾いているイメージでやるのとやらないので、本番うまく弾けるかどうかが決まってしまうと言っても過言ではありません。

今度の仕事は音楽で例えると、オーケストラにやったことない曲を初見で参加するという感じでしょうか。私は4年間ギター習ってても初見で弾くのはほとんど無理です。仕事に当てはめても難しいだろうと思います。

しかし音楽も仕事もまず「心ありき」。「感動してもらえるようにいい演奏をしよう」「お客さまに喜んでもらえる仕事をしよう」という"想いとイメージ"がなければ、たとえ間違えず演奏ができても仕事ができてもつまらないものになってしまうでしょう。

私がこうして心配をしたのは久しぶりです。これも天が与えてくれた大きな成長の機会と思ってありがたく頂戴します。

20070111

☆ホームページ:音楽と本の世界
 http://homepage3.nifty.com/musicandbook/index.html

☆メールマガジン:1日1曲!名曲紹介! 
 http://archive.mag2.com/0000255486/index.html

 http://www.melma.com/backnumber_172547/
スポンサーサイト

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。