私がmixiに書き込んだ日記の中から、内容を修正加筆し、皆様にお役に立てるような記事を書き綴っていきます。 <主なテーマ> 人生論、お金について、成功について、仕事とは何か?幸せとは何か?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
得意・不得意
「得意なこと、不得意なことをそれぞれ挙げてください」と言われてどれくらい出てくるでしょうか?

・・得意なことの方が多かったですか?それとも不得意なことの方が多かったですか?

まず、得意なことが全然なくても不得意なことが多くても大丈夫です。そこはご安心ください。

そもそも「得意・不得意」って誰が決めてるんでしょうか?自分ですよね。他人から言われて「ああ、そうかな」と思っても決めるのは自分です。

つまり「得意・不得意」は思い込みなんです。でもいいんですよ。思い込みは大事なのです!

「得意だ!」と思い込めばほんとに得意になってしまうんです。もちろん、自分が思ってるだけで周りの人が誰も認めてないという状況じゃだめですけど・・

でもまず「得意」と感じなければ得意になれるはずがありません。得意と感じるものがたくさんある方は非常に優秀になれる可能性があるのです。

それと「得意」なものは探せば意外とあるものです。というか自分で「たいして出来るわけでもない」と決め付けてしまってるところが結構見受けられます。

日本人は謙遜を美学とするような風潮が昔からありますが、他人に発表するのが気がひける人でも、せめて自分1人の時はどんな小さなことでも「得意だ!」と言い切ってしまいましょう。

例えば、

・料理はそれほど得意でもない
 ⇒でも家族に料理を作ってます
 ⇒じゃあ料理は得意ってことでいいじゃないですか!

・高校の頃、日本史の成績は悪かった
 ⇒でも坂本竜馬とか幕末の読み物はよく読む
 ⇒それなら日本史は得意ってことでいいじゃないですか!

・運動神経は良くないし、体育の成績も悪かった
 ⇒でも毎日のようにウォーキングをしている
 ⇒運動が得意ですって言い切っちゃっていいですよ!

大した事無い、思い込まないことがポイントです。自分を褒めましょう。

それでも「やっぱり不得意・・」と思い込んでしまっているものはどうするか?

「不得意」と思う根拠はあるでしょうか?

・数学の成績が悪かった⇒数学は不得意
・職場で部下や上司とうまが合わない⇒コミュニケーションが不得意
・今月も赤字になってしまった⇒お金の管理が不得意

色々あるかとは思います。プラス思考で行こうと言っても、否定的な側面の方に心を奪われがちの人もやっぱ多いものです。

しかし一見すれば"根拠"に見えてもこれらは打ち破ることができるはずです。

数学は不得意
 ⇒不得意と思ってても店でお金のやり取りして商品買えるんでしょ?
  日常生活で困らないんなら別にいいじゃん。
 ⇒この不得意は削除!

コミュニケーションが不得意
 ⇒会う人全員とうまが合わないことはないでしょ?
  できないことの範囲を広げすぎてますよ。数人と
  うまが合わない=コミュニケーションが不得意には
  なりません!
 ⇒コミュニケーションが不得意は削除!
  苦手な人をどうするか?範囲を狭めて考えよう!

お金の管理が不得意
 ⇒この場合、管理が不得意じゃなくて管理してないんじゃ
  ないですか?
 ⇒やってもないことを不得意のせいにしない!
  この不得意も削除!

我ながら多少強引だとは思いますよ(^^;)

でも前向きに考えられれば何でもいいじゃないですか。問題なのは物事を否定的に見てしまう思考パターンなのです。プラスの面を見ようとしたり改善しようとすれば不得意は消えてしまうはずです。

先日「長所と短所」でも書いた内容も合わせて参照していただければと思います。

http://dendenmushitaro.blog42.fc2.com/blog-entry-18.html

前向きに行きましょう!

☆ホームページ:音楽と本の世界
 http://homepage3.nifty.com/musicandbook/index.html

☆メールマガジン:1日1曲!名曲紹介! 
 http://archive.mag2.com/0000255486/index.html

 http://www.melma.com/backnumber_172547/
スポンサーサイト

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。